東興洋行 Julius Mannich Merchant House
東興洋行 Julius Mannich Merchant House
天津条約で開港した安平のドイツ系貿易会社。
英国の德記、怡記、和記、ドイツの東興、アメリカの唻記などを総称して安平五大洋行と言う。現存するのは德記と東興のみ。樟脳や砂糖の輸出と共にアヘン輸入に関わる。日本統治下では警察署として利用された。